バレインウォッチングNews&Topics

2018年度山口県社会人サッカーリーグ1部 第3節の結果

2018年度山口県社会人サッカーリーグ1部 第3節(4月29日)は、FCバレイン下関が勝利しました。
ご来場ならびに熱いご声援をありがとうございました。

2018年度山口県社会人サッカーリーグ1部 第3節
・対戦:vs 小野田SC
・会場:山口県立おのだサッカー交流公園(人工芝)
・キックオフ:14:00

試合スコア
FCバレイン下関 5-1 小野田SC
(前半4-1・後半1-0)

【得点】
・No13孫 正倫
・No13孫 正倫(アシスト)No14佐久間 大樹
・No10森本 惟人
・No25星島 魁斗(アシスト)No19五月女 涼
・No11前田 昇吾(アシスト)No19五月女 涼
【選手交代】
・No25星島 魁斗→No6沖田 康佑
・No14佐久間 大樹→No11前田 昇吾
・No13孫 正倫→No34猪本 直家
・No28大賀 優将→No21瀧下 崇彦

第3節全試合結果
・FCバレイン下関 5-1 小野田SC
・FCブルーローズ下関 1-8 日立笠戸
・山口合同ガス 4-1 FC宇部ヤーマン
・お休み 常盤クラブ

福原康太監督の試合後のコメント
「天皇杯予選決勝戦で不甲斐ない試合をしてしまったにも関わらず、今日も暑い中あれだけ多くの皆様が会場に
駆けつけてくれて本当に感謝しています。
選手起用に関しては今週のトレーニングで非常にコンディションの良かった選手を起用した。
出場機会に飢えた選手たちが、まだまだ課題は沢山あるが、得点、アシストといった形で結果を
出してくれたことは、今後のチーム内競争も激しくなり、チームにとってプラスになるので非常に良かったと思う。
相手は8人で守り、前線2人でフィニッシュに繋げるチームで、昨年のリーグ戦で1度引き分けているので、
同じ失敗をしないように、攻めているときのリスク管理を伝えたが、切り替えのスピードも含めて
まだまだ修正していかないといけない。
攻撃に関しても単純なパスミス、ファーストタッチのミスが多く、後半は1人がボールを持つ時間が
長くなっていたので、そこを来週のトレーニングから修正していきたい。
まだまだ課題は多いが、選手達はトレーニングから本当に良くやってくれ、私の求めていることも
体現できてきてるので継続してチームとして取り組んでいきたい。」

佐久間大樹選手のコメント
「今日は応援ありがとうございました!まずは勝てて良かったです!
でも、まだパスミス、トラップのミスが多いので、これからの練習で精度をもっと上げ、
運動量も上げていきたいと思います!
1週間試合が中断しますが、全社、リーグと試合が続きますので引き続き応援お願いします!」

星島魁斗選手のコメント
「今日はスタメンで出場でき1得点したが、全然守備が出来ていなかったので練習から守備の部分を
意識しながらやっていきたいです。チーム的にはパスを回していい形も作れましたが、
後半からは自分自身も運動量も少なくなり、全体的に攻守の切り替えが遅くなっていたので、
そこはしっかりとトレーニングから取り組んでいきたいです。」

【ベルちゃん賞(MVP)】
No11前田昇吾選手に、やまぐち県酪乳業株式会社様より
「ベルちゃん賞(やまぐち県酪商品1か月分)」が贈呈されました。
前田昇吾選手は、後半途中出場ながら、停滞していたチームに長短を
織り交ぜたパス、ドリブルを駆使し、チームを活性化させました。
圧巻はダメ押しとなる5点目のスーパーミドルシュート!
観客からもどよめきが上がったスーパーゴールを決め、
ベルちゃん賞の受賞となりました。

前田昇吾選手のコメント
「ベルちゃん賞に選んで頂きありがとうございます。
限られた時間での出場でしたが気持ちよくプレーさせてくれた
チームメイトに感謝したいと思います。
もっとチームに貢献してまた選んで頂けるように努力します。
引き続き応援よろしくお願いします!」

 

^